VOICE

先輩たちの声実際に活躍している先輩たちの声を集めました

  • *Kiho Hyogo*

    いろいろ進路を迷ったのですが、自分がされて嫌な事を人にしないという言葉に心を動かされアンダンテに連絡しました。大学卒業でスタイリスト専門学校に行っていなくて不安でしたがアンダンテのフォローとアンダンテとお付き合いしてくださっているスタイリストの方々が良い方ばかりなので、前向きに楽しく毎日を過ごしてます。

     

     

  • *Ayaka Kaji*

    学校の先生のお知り合いのスタイリストの方からの紹介でアンダンテを希望しました。一時、足の調子が悪かった時も通院も含めてスケジュール調整してもらえました。お陰で足の調子も戻り、今は普通に撮影に伺ってます。

     

  • *Mayu Suzuguchi*

    スタイリストを目指してアンダンテを希望しました。いろんなスタイリストさんのアシスタントをさせて頂いているうちに衣装の製作に興味が出てきました。事務所に相談したところスタイリストアシスタントと衣装製作とバランスよくスケジュール調整頂ける事になりました。臨機応変に対応してもらえるので有難いです。

  • *Minami Kashiwa*

    大阪のスタイリスト専門学校を卒業後、アンダンテでスタートしました。研修期間はアルバイトの相談もさせてもらえるので大変助かっています。持ち前の明るさとバイタリティーでマルチなスタイリストを目指してます。

  • *Yuki Kosaka*

    4月からアンダンテでスタートしました。いろんな有名なスタイリストさんともお仕事させていただけるのがアンダンテの魅力のひとつです。その中でスタイリストの加藤かすみさんと出会えました。アンダンテともきちんと加藤さんとお話ししていただき、加藤かすみさんの専属のアシスタントにつく事になりました。最初のステップがアンダンテで本当にラッキーでした。早く一人前のスタイリストになってアンダンテの後輩にアシスタントしてもらくのが夢です。

  • *Erica Fujiwara*

    学生の時のインターンシップで1ヶ月お世話になりやはりアンダンテで頑張ろうと確認できました。同期のメンバーとも先輩とも撮影で同じになる事もありいろいろコミュニケーションをとれるので嬉しいです。これからもみなさんと一緒に成長していきたいです。

  • *Michi Kuwabara*

    HPでアンダンテを知りました。興味があったのですが通っていた専門学校がアンダンテとのお付き合いがなかったため自分からアンダンテに電話してインターンシップをさせてもらいました。実際にアシスタント体験させてもらいアンダンテに決めました。

  • *Yoshimi Kobayashi*

    メイクアップの専門学校でヘアメイクの勉強してましたが、撮影の研修を通してスタイリストになりたいと思うようになりました。未経験でも研修を通してスタイリストの心構えから具体的なアドバイスを頂けるアンダンテに決めました。いろんなジャンルのお仕事も体験できて充実してます。

  • *Ouka Nagakura*

    学生の時からいろいろスタイリスト事務所を調べていて、アンダンテの事も気になっていました。決め手は仕事だけでなく人間的にも成長させてくれる方針でした。仕事だけでなく相手の立場に立って仕事をする姿勢を勉強させて頂きました。将来、皆様からお仕事を頂き続けるスタイリストを目指して頑張ってます。

     

     

  • *Nanami Ogawa*

    大学でスタイリストと関係ない勉強をしてましたが、この世界で頑張りたいとアンダンテへ連絡しました。スタイリストの専門学校へ行っていた同期と違い最初はファッション専門用語やカラーリングの事で少し苦労しましたが、アンダンテの細かいフォローでなんとか乗り切れ今は毎日楽しくお仕事してます。