VOICE

先輩たちの声実際に活躍している先輩たちの声を集めました

  • *Li Wanying*

    中国から日本にきました。

    母もヘアメイクをしていた時期があったので、私もヘアメイクになりたいと思っていました。

    日々勉強しながら、楽しんでます。

  • *Lai Sz Hui*

    台湾にいる時からヘアメイクのお仕事がしたくて、

    日本の専門学校で勉強しました。

    アンダンテに入っていろんな方々にお会いできました。

    これからもいろいろなお仕事をしていきたいです。

  • *Chie Komatsu*

    大学在学中にアンダンテを知り、インターンシップを受けました。

    とても充実していて楽しかったです。

    そのあと他の就職活動をしていましたが、インターンシップの時の楽しさを忘れられず、

    親を説得して5月からアンダンテに所属しました。

    自分の好きな時期からスタートできて良かったです。

  • *Yuzuho Nosho*

     

    アンダンテに面接希望を考えた時、

    緊急事態宣言中で面接ができず不安でした。

    ですが電話で、いろいろ質問できて丁寧に答えて頂けたので、

    安心してアンダンテに決めることができました。

    毎日忙しく充実しています。

  • *Yukari Hagiwara*

    雑誌のスタイリストになりたくて

    アンダンテに所属しました。

    学生時代も雑誌のスタイリストの方のお仕事を手伝って勉強をしていました。

    お仕事を頂き続けるスタイリストになるため、雑誌以外のいろいろなお仕事の

    アシスタントの経験もさせてもらって満足してます!

  • *Yo Okada*

    学校のインターンシップでお世話になり、

    アンダンテに所属を決めました。

    いろんなスタイリストの方々とお会いできて、いろんなお仕事を経験させてもらえるのが魅力です。

    ステップアップできるよう、頑張ります。

  • *Chen Yuchan*

    学生時代からアンダンテの事が気になっていましたが、別のところに就職しました。

    やはりアンダンテでお仕事がしたくなり、HPも見て外国人も所属していたので

    希望しました。

    マネージャーの方々も優しくて嬉しいです。

     

  • *Eriko Imanaka*

    東京でスタイリストとして頑張りたいので
    アンダンテを志望しました。
    学校を3月卒業でしたが、
    実家で東京での資金を貯めたいので相談したところ、5月スタートでOK頂きました。
    メンバー1人1人に合わせての対応をして貰えるのもアンダンテの魅力です。
  • *Mako Igari*

    スタイリストに興味があったのですが、
    会社に就職して社会人生活をスタートしました。
    ですがやはり、スタイリストになりたいと思いが強くなりアンダンテの面接を受けました。
    スタイリストの学校を出ていないという不安がありましたが、
    事務所がバックアップしてくれるので
    安心してスタイリストへの夢へスタートできました。
    いろんなチャンスを事務所から貰えるので、満足してます。
  • *Ren Saito*

    ファッション専門学校を卒業して、色々なジャンルで活躍できるスタイリストになりたくてアンダンテを希望しました。

    広告、カタログ、雑誌、TV、CF、MVなど色んな仕事を経験できるので、少しずつですが経験を積んで将来に役立てていきたいです。