VOICE

先輩たちの声実際に活躍している先輩たちの声を集めました

  • *ブーティアイン*

    ヘアメイクを目指すため勉強し、アンダンテを志望しました。

    インターンシップの時期からコロナ感染のため、

    今年の4月までヘアメイクアシスタントの募集が見送りとなりました。

    アンダンテはスタイリストとヘアメイクが所属しているので、ヘアメイクアシスタントの募集が再開したらヘアメイクアシスタントへの移行が可能です。

    なので最初はスタイリストアシスタントとしてのスタートをすることにしました。

    今はスタイリストアシスタントのお仕事でいろんな方に会えるので楽しいです。

  • *Airi Skabayashi*

    1年程、専属でスタイリストの方にアシスタントとして働いてましたが、

    体調を崩し、スタイリストへの夢を一度諦めました。

    でもやはり、諦め切れずアンダンテへスタイリストアシスタントの募集を見て応募しました。

    アンダンテにはスタイリストアシスタントでもアペルト契約があり、自分のスケジュール管理ができるので体調管理もできて嬉しいです。

     

  • *Kisaki Nitahara*

    別のスタイリスト事務所に所属してましたが、結婚を機にアンダンテへ所属しました。

    スタイリストアシスタントでアペルト契約ができるので自分でスケジュール管理したい私にはピッタリです。

    こちらの状況もわかってもらえるので仕事と家の事と両立も無理なくで安心です。

  • *Kira Saito*

    父が昔スタイリストだった影響もあり、スタイリストを目指そうと決めました。

    語学も大切と思い高校卒業後留学しました。

    ですがコロナ感染状況のため日本に戻らざるをえなくなりました。

    バイトをしながらスタイリスト事務所を探していたところ

    「人の嫌がることはしない」というアンダンテのポリシーに共感し面接を申し込みました。

    バイトの契約期間が終了するまで待っていただけたので助かりました。

    先輩達ともいろんな話ができるので勉強になります。

  • *Li Wanying*

    中国から日本にきました。

    母もヘアメイクをしていた時期があったので、私もヘアメイクになりたいと思っていました。

    日々勉強しながら、楽しんでます。

  • *Lai Sz Hui*

    台湾にいる時からヘアメイクのお仕事がしたくて、

    日本の専門学校で勉強しました。

    アンダンテに入っていろんな方々にお会いできました。

    これからもいろいろなお仕事をしていきたいです。

  • *Chie Komatsu*

    大学在学中にアンダンテを知り、インターンシップを受けました。

    とても充実していて楽しかったです。

    そのあと他の就職活動をしていましたが、インターンシップの時の楽しさを忘れられず、

    親を説得して5月からアンダンテに所属しました。

    自分の好きな時期からスタートできて良かったです。

  • *Yuzuho Nosho*

     

    アンダンテに面接希望を考えた時、

    緊急事態宣言中で面接ができず不安でした。

    ですが電話で、いろいろ質問できて丁寧に答えて頂けたので、

    安心してアンダンテに決めることができました。

    毎日忙しく充実しています。

  • *Yukari Hagiwara*

    雑誌のスタイリストになりたくて

    アンダンテに所属しました。

    学生時代も雑誌のスタイリストの方のお仕事を手伝って勉強をしていました。

    お仕事を頂き続けるスタイリストになるため、雑誌以外のいろいろなお仕事の

    アシスタントの経験もさせてもらって満足してます!

  • *Yo Okada*

    学校のインターンシップでお世話になり、

    アンダンテに所属を決めました。

    いろんなスタイリストの方々とお会いできて、いろんなお仕事を経験させてもらえるのが魅力です。

    ステップアップできるよう、頑張ります。